身体表現性障害は5つの種類に分類される|原因解明が難しい病

異常なほど鋭敏になる病

下を向くレディー

自分を追い込む精神病

身体表現性障害とは、異常なほど自分の体に異常があるのではないかと不安を抱く病気です。人々は普段の生活の中で頭痛になったり吐き気を感じたり眠気を感じたり逆に眠れなかったりと、そのような体のちょっとした異常を経験することは誰にでもあることです。ですがそのような異常が出たとしてもひどくなれば病院で診てもらって治療する、強い体であれば自然治癒力で治していくなど、治る方法を試していくことがほとんどです。しかし身体表現性障害の場合は、ちょっとした動機やめまいを感じれば、自分は重い病気にかかっているのではないかと強い不安感を抱くのです。そのため不安な感情を常に持っており周囲に訴えたりするのですが、体の異常が見つからない場合がほとんどで周囲は相手にしないこともあります。しかし不安を感じている本人は本当に苦しい症状から感覚が鋭敏となってしまい、そのため、ある種の感覚症状が普通異常に強く感じてしまっている可能性があるのです。この身体表現性障害は、心療内科などの病院で診察してもらい治療を始めます。治療法は薬物療法が多くありますが、そのほかにも精神療法を行なうところもあります。精神療法の中では患者と対面してカウンセリングを行なう認知行動療法や、面接で患者が心に浮かんできたことをそのまま言葉にして、患者の心を理解しながら治療していく精神分析的精神療法というものが主に行なわれています。身体表現性障害はあまり聴きなれない名前ではありますが、最近その病気で悩む患者は多くなってきており、増加と同時に研究も進められております。

なかなか理解が得られない

身体表現性障害の患者は自分が病気ではないかと症状にとらわれてしまうことから、患者の家族は最初、病気を心配するようになります。しかし病院で診てもらっても身体的に異常が発見されず異常なしと診断されることが多く、それでも患者は自分が重い病気だと思い込むように訴えるので、家族は「気にしすぎでは」と考えるようになることが多いのです。そして何度も訴える患者に家族はうんざりしてイライラするようになることもあり、患者の訴えを突き放してしまうようになるのもよくあることです。精神的な病は目に見えるものではないため周囲は本当に気づきにくいところもあり、患者が本当に苦しんでいることが伝わらないこともよくあることなのです。そのため病状が悪化してしまうこともあるので気をつけなければなりません。確かに病院で診断してもらっても異常が見つからなければ家族も首を傾げてしまうことがあるかもしれません。しかし最近では心の病を理解する病院も増えてきています。そのため体に異常がなければ精神的な問題ではないかと伝える医師も出てきています。もし、患者が苦しい症状を何度も訴えているのに体に異常が見つからなければ、医師に何度もそのような苦しみを感じていることを伝えることも大事です。そうすることで医師によっては何か心の病気にかかっているのではないかと判断してくれることもあります。身体表現性障害は精神的な病の1種です。治療を行なっていくことでその病気を治していくことができるようになるので、家族に理解ができるように病気のことを知ってもらうのも1つの方法となります。