身体表現性障害は5つの種類に分類される|原因解明が難しい病

身体の症状は実は心の病気

病室

身体の調子が悪いのは何故

身体の調子が悪いのに病院に行っても、しっかりとした原因が分からずに悩まれている方は多いのではないでしょうか。精神科の病気の一つとして、身体表現性障害というものがあります。身体表現性障害は、痛みや吐き気など、体の不調などに強く悩まれているのにも関わらず、身体検査を行っても明確な原因が特定できない場合に診断されます。男性よりも女性に発症しやすいと言われており、思春期から成人期初期の方々によく見られます。症状は様々であり、激しい痛みや苦痛のため日常生活が妨げられる疼痛性障害、身体検査では以上が見られないのにも関わらず腕や足の麻痺、痛みの感覚欠如などが生じる転換性障害、様々な身体症状が長期間に渡って現れる身体化障害、明確な根拠がなく深刻な病気にかかっていると思い込んでしまう心気症、外見の欠陥について極端にとわられてしまう身体醜形障害があります。悩みが深刻化することも多く、うつ病や不安障害、睡眠障害など他の精神的病気と併発しやすいとも言われています。原因としては、元来の繊細で気にしやすいパーソナリティや、感情を出さずに抑制しやすい傾向など個人的要因が指摘されていると共に、心身の疲労や周囲の環境が大きく変化したことによるストレスが関わっていると言われています。子どもの頃からの感情の強い抑圧によって生じたストレスが身体の症状によって転換して現れるという精神分析理論や、身体症状が生じることにより得られる注目や、ストレスの回避とった利益が症状の持続に関わっているという行動理論などが提唱されています。

どのように治していくのか

身体表現性障害の治療には、心理療法的治療や、職場や家庭での環境調整、症状を軽減するための薬物療法などが挙げられます。症状の背景に、うまく言葉に出来ない悩みやストレスがあることが想定されるため、丁寧に身体症状を確認しながら、身体症状に関わっていると思われる状況に対する対処法や環境調整の仕方を検討していきます。基本的な治療姿勢として、身体症状に対する明確な原因が特定できなくても、その人にとって症状が現実であることに対して理解を示すこと、症状の除去に専心するのではなく、より柔軟な生活方法や人間関係のあり方を検討しながら症状の改善を目指していくことなどがあります。また、身体症状の辛さが故に薬物治療に過度に依存する場合もあり、薬物治療においては注意を必要とする病気と言えます。具体的な心理療法的治療としては、過去に解決できずに抑圧されている感情に直面化してカタルシスを得ることで症状の改善を目指す精神分析的治療や、身体症状に関わる思考や行動パターンを確かめながらより有効な対処のあり方を検討する認知行動療法などがあります。身体表現性障害に悩まれている方は、自らの抱えている想いを表現できずに我慢しながら生活している場合が多いため、周囲の方々が治療に協力していくことは大変有用です。その際には、ただ強く叱責することや逆に極度に甘やかすという状況を避け、症状で悩まれている方の心の状態に配慮しながら対応を検討していくことが大切になります。このため、家族や関係機関等が協力しながらより良い支援を検討し、サポートしていく体制が望ましいと言えます。